年間試験日程
2017年…5月27日(土)、7月22日(土)、9月23日(土)、11月25日(土) 
2018年…1月27日(土)、3月24日(土)

調剤事務管理士のお仕事

 

保険調剤薬局で多忙な薬剤師をサポートし、医師が交付した処方せんの受付けや会計、保険請求分のレセプト作成など、事務全般を担当します。患者様に対する接遇力とともに処方せんの内容をきちんと理解し、調剤に要した費用(調剤報酬)を計算する知識とレセプト作成のスキルが求められます。

調剤薬局事務職員は、病院の薬剤部や保険調剤薬局で活躍しています

  • 受付業務:患者様と最初に接する調剤薬局の顔です。処方せんの受付、保険証確認や調剤録の作成を行います。
  • 処方せん・調剤録管理業務:裏方の仕事ですが、正確さが求められる重要な仕事です。患者様の薬剤服用歴作成、調剤録の入出庫や整理を行います。
  • 会計業務:処方内容を基に調剤報酬を計算し、患者様から患者一部負担を徴収し、領収証を発行します。正確さ、スピードと患者様との応対も大切です。
  • レセプト業務(調剤報酬請求事務):月初1週間程度の仕事です。患者様一人一人の1ヶ月分の調剤報酬の請求書(レセプト)を作成し、保険者に調剤報酬を請求する業務です。

調剤薬局以外でもこんな職場で活躍しています。

 

  • 支払基金
  • コンピュータのシステム開発

調剤事務管理士の魅力

全国どこでも働くことができる。(引越しをしても仕事ができる)/安定性が高い(社会情勢に関係なく就業先がある)/希望にあった勤務スタイルが選べる(ライフスタイルに合わせた就業形態を選べる)/就職・転職・再就職にも有利(調剤薬局はなくならない)
医薬分業の進展とともに多忙な薬剤師のサポート役として調剤報酬を正確に算定できる人材のニーズが高まっています。全国の保険調剤薬局で必要とされ、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。勤務時間も常勤やパートなどシフト制を導入している調剤薬局も多く、雇用形態を選ぶことができます。

調剤事務管理士 技能認定試験とは

保険調剤薬局の受付けや会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフのスキルを証明するのが「調剤事務管理士」の資格です。
処方せんの内容から調剤報酬を計算するスキルは専門性が高く、調剤事務管理士の有資格者は、全国の保険調剤薬局で高く評価され、就職の際に、大きなPRポイントとなります。

 

Q. どんな問題が出るの?
A.
学科・・・マークシート形式10問
  1. 法規(医療保険制度・公費負担医療制度等についての知識)
  2. 保険請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成・ 薬剤用語等の知識)
  3. 薬の基礎知識(医薬品・薬価基準の基礎知識、薬の作用等)
実技・・・3問
  1. レセプト点検問題(1問)
  2. レセプト作成(2問)

試験問題の見本はこちら

Q. 受験資格は必要?
A.

受験資格は特に設けていません。
年齢制限もありませんので、どなたでも受験できます。

Q. みんな試験対策はどうしてるの?
A.

合格の秘訣は、たくさんのレセプトを書くこと。
レセプトを沢山書くことにより、処方せんの読み取りやレセプト作成上の ポイントやコツが身につきます。
(株)ソラストでは、調剤薬局事務講座や試験問題集の販売を実施しています。

講座のご案内 試験問題集のお求めはこちら

Q. どんな問題が出るの?
A.

60%位です。

合格者の声

 

「調剤事務管理士」の資格は、自信を与えてくれました。
笠井 真琴 さん

育児に手がかからなくなり、パートでも・・・と仕事を探していたところ友人から「調剤薬局で人をさがしてるよ」と現在の職場を紹介されました。 始める前は、独身の頃から大学病院やクリニックで受付事務やレセプト業務をしていたので、調剤薬局は投薬に関する内容だけだから大丈夫・・・と考えていました。実際に仕事をしてみると、医療機関の投薬の考え方とは違う点が多々あり、きちんと勉強する必要を感じ通信教育で勉強することにしました。 勉強中は、薬に関する知識や実務では気づかなかった発見もあり、新鮮でした。勉強した証として「調剤事務管理士」の試験を受験しました。先輩社員に確認しながら仕事をしていた私も、現在は後輩の指導をする立場になっています。 毎日、赤ちゃん連れのお母さんからお年寄りまで幅広い年齢の患者様がみえるので笑顔を心がけています。

試験会場/お申込み方法

 

試験会場・お申し込み先


試験会場


札幌・旭川※・仙台・福島・盛岡※・東京・横浜・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・新潟・長野・名古屋・三重・静岡・浜松・金沢・大阪・奈良・神戸・京都・
福知山※・岡山・広島・松山・高知※・福岡・宮崎・熊本・沖縄※
※旭川、盛岡、高知、福知山は3月、7月、11月のみ実施、
沖縄は3月、9月のみ実施

 

お申し込み先


技能認定振興協会
 

お申込み方法

 

インターネットでのお申込み

 

STEP 1
試験申込フォームに必要事項を入力・送信します。
STEP 2
コンビニから受験料をお支払いください。
STEP 3
ご入金の確認をもって受験申込み完了となります。
STEP 4
試験日の1週間前ごろ当協会より受験票を発送します。

コンビニでのお申込み

 

STEP 1
下記コンビニエンスストアの情報端末で必要事項を入力。
・セブンイレブン
・ローソン
・ミニストップ
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
STEP 2
レジにて受験料をお支払いください。
STEP 3
ご入金の確認をもって受験申込み完了となります。
STEP 4
試験日の1週間前ごろ当協会より受験票を発送します。

申込書でのお申込み

 

STEP 1
試験申込フォームをダウンロードします。
技能認定試験申請書に署名捺印します。
STEP 2
受験料をお支払いください。
STEP 3
技能認定試験申請書の受付け・ご入金の確認をもって受験申込み完了となります。
STEP 4
試験日の1週間前ごろ当協会より受験票を発送します。